スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.09.22 Saturday
  • -
  • -
  • -

靴のかかとが片減りする

履物底が、 いつも同じ場所が、すぐに片べりしてしまいます。


身体のユガミが靴のすり減り方でわかる。特に履物の片べりは、下半身の重心の偏りにより、腰痛や坐骨神経痛の予備軍である。これは、身体の偏った使い方をしている為に靴の裏にかかる摩擦がちがう為である。 右に体重がかかる人は、右側の靴底の減りがひどい、左に体重のかかる人は、左側の靴底の減りがひどいことがわかる。 靴底の減りをよく観察すると踵よりや指先よりと減り方にも色々あるのが分かります。 例えば、左の靴底の踵よりが減りが著しいなど 身体の動きのアンバランスが靴底に現れた。 姿勢のアンバランスや筋力の低下が、踵の比重の偏りが著しくなる。 【関連の病気】腰の椎間板ヘルニヤ 脊椎狭窄症 腰痛 坐骨神経痛 骨盤の歪みなど


靴が片べりする|足の長さが違う|骨盤のゆがみ|

口が渇く (唾液が少ない)

唾液が少ないせいか、食事をするとき、水などの水分が欠かせませんでした。
でも、別に気にしてなかったんですが、鈴木薬手院で治療を始めて2ヶ月くらいしたころ、食事の準備をしていたら、唾液がじわ〜っと出てくる感覚を久しぶりに味わったような気がしました。
梅干を見ると、じわ〜っと唾液が出てくる、あの感覚です。
そういえば、最近食事がとても美味しく感じます。

身体が歪んでいると、首と額関節も歪みます。舌そのものも歪んで、左右の動きが違ったりします。

ためしに、鏡を見ながら、舌を出して左右に動かしてみて下さい。差が大きいときは、要注意です!

舌は、筋肉で出来た突起物で、筋肉を様々に動かすことで、形や位置を自在に変えることができ、食物を飲み込む際、言葉をしゃべる(構音)際などに使われるので、消化器、運動器の働きをもつといえる。その運動は非常に細かく、正確にコントロールすることが可能。また、哺乳類の舌には、味覚を感じる受容器である味蕾(みらい)があり、感覚器でもある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

身体が揃うことで、下の筋肉(舌骨筋)が整い、それによって唾液の分泌が正常になります。



口が渇く|唾液が少ない|ドライマウス|


気になる症状で検索

カテゴリー

新着記事

過去の記事

リンク

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM