スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.09.22 Saturday
  • -
  • -
  • -

歩いているうちに靴下がずり上がる(よじれる)

普通に歩いていると、必ず右の靴下のかかとが上にずり上がってしまいます。そのまま歩いていると、かかとが前に回ってきたりします。



この方は、右のアキレス腱・足の後ろの筋肉が縮んでいるので、歩き方が小指から着地する感じになり、靴下がずり上がってしまうのです。もちろん骨盤もかなり歪んでいます。 このような症状の患者さんはかなり多いです。靴下が、逆にずり落ちて脱げてしまう方もいます。



靴下がずれる|

足を伸ばして眠れない

仰向けに寝るとき、足をまっすぐ伸ばして寝るとすごく違和感を感じます。方膝を曲げて開いたり、膝を立てると少し落ち着きます。


本来、体が整っていれば、仰向けに真っ直ぐ寝るのが一番楽な姿勢なのですが、体が歪んでいるとこのような症状が出ます。 特に、腰の狭窄症・ヘルニアなどがあると、骨と骨との間のクッションの柔軟性がなくなり、足を伸ばしずらくなります。 寝ているときに、太ももの筋肉(大腿四頭筋)が緊張すると、足が伸ばしずらくなります。 また、腹部の緊張により、足を伸ばすことに不快を感じることもあります。(お腹が痛いときに体を丸めるのと一緒です。)


仰向けに眠れない|

台風が来ると体調が悪い

台風が、沖縄辺りに近づくと、坐骨神経痛が出たり、ヘルニアが痛んだりします。
体調が悪いな〜と思って天気予報を見ると、必ず台風が発生しています。なにか関係あるのでしょうか?とても不思議です。

気圧と湿度の関係で、身体の悪い部分が影響を受けると考えられます。
お天気が悪くなると古傷が痛んだり、体調が悪くなる方が多いですね。
気圧が急激に下がることによって、身体の弱い部分がその変化に対応しきれずに傷みや違和感が出ます。
さらに、湿度が高くなることによって、皮膚呼吸がうまくできなくなり、古傷などがちくちく痛んだりします。
人間の身体は、ほんとにちょっとした変化にも敏感なんですね。




天気が悪いと体調が悪い|



気になる症状で検索

カテゴリー

新着記事

過去の記事

リンク

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM