スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.09.22 Saturday
  • -
  • -
  • -

ぎっくり腰 猫背 (Sさん 74歳 厚木市 男性)

ぎっくり腰になり、安静にしていたらだいぶ痛みは取れたのですが、1ヶ月ほどたってから、その後のケアが必要かと思い、来院しました。

1回目の治療後は、上半身・下半身がバラバラになった感じで、歩行に不安を感じました。
2回目以降は安定し、前肩が楽になり、全身にスッキリ感(姿勢が良くなった感じ)が出てきて歩行も楽になりました。
4回目以降、体調が良いので、仰向けの姿勢で大工仕事を約1週間してしまったら、背中・肩・腰がビシビシ痛くなってしまいました。1週間くらいで痛みは良くなりました。

整骨院のパルスを使った治療は効果が一時的なのに対し、薬手院の整体治療は、先に向けて持続的に効いて、更に徐々にその効果も増していくような感じがします。

今は、大工仕事をしてしまったので、右前肩、背中全面が痛いですが、体調は良いです。
無理な体勢での仕事で、いままでして頂いた整体が少し前に戻ってしまったのかも知れません。
今後は、気をつけようと思います。

整体に通うことで、ギックリ腰にならないように予防できないかと期待しています。


当院の治療法は、体を揃えることにより、本来ある筋肉の位置に戻ろうとする力を助けます。(自然治癒力)
この患者さんの場合は、4回調整したことにより、大きな歪みが取れて、だいぶ体調がよくなったようですが、実際にはまだ5割程度の歪みが残っていて、ちょっとした作業でまた体調が悪くなってしまったと思われます。手足の動きが左右均等にそろっていないために復元力が弱く、もともと猫背がきついために脊柱の骨と骨とのクッションが薄くなっている(狭窄症気味)であるために、内臓反射(脊椎神経)が低下しています。
たとえば、椎骨の7・8番の働きが悪いことにより、胃の調子が悪くなります。逆に、胃の調子が悪くなたために、椎骨の7・8番に緊張が起こる(筋肉緊張)ことがあります。




ぎっくり腰|腰痛|背中痛|猫背|



スポンサーサイト

  • 2018.09.22 Saturday
  • 15:48
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

気になる症状で検索

カテゴリー

新着記事

過去の記事

リンク

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM